結婚すると健康になる!?結婚と健康の関係を解説!

新型コロナウイルスの影響で、健康の重要性を再確認した人も多いかもしれません。よく言われるのは食事内容や睡眠時間ですが、結婚も健康に効果的だと言われます。その要因をさまざまな角度から探ってみました。

  • コロナ禍で高まる結婚への意識
  • 相手を責めると夫婦そろって健康の危機に
  • 男性の死別・離婚者の死亡リスク上昇が日本の特徴

コロナ禍で高まる結婚への意識

バルセロナ自治大学のNezih GUNER教授は、「結婚によって人はもっと健康になれるか?」という論文で、

「主要な健康の社会経済的決定要因の1つが結婚である。既婚者は未婚者と比べて健康で長生きである」

と書いています。その原因の一つが、

「既婚者は予防的医療を受ける可能性がはるかに高い」

ことのようです。

ただし調べると結婚と健康に関係する統計はさまざまあり、結婚が健康への意識を高めるといったことだけが原因ではないようです。

米国ブラウン大学のOfra Anson教授の報告によれば、離婚・離別・死別・既婚の女性と比べて、独身者の女性の方が入院の日数と医師の予約数が少ないと報告しています。

これは旧来の結婚が健康と密接な関係があるという論調と異なるように感じるかもしれません。しかしさらに調べてみると、健康との関連性が強かったのは人間関係の有無だったそうです。つまり離婚・離別・死別・既婚の女性より、独身女性の方が人との交流が活発だったから長生きしたのではないかというわけです。

相手を責めると夫婦そろって健康の危機に

より踏み込んで夫婦の仲と健康の関係性について調査したのが、心理学を専門とするラファイエット大学のJamila Bookwala教授と数学の専門家であるTrent Gaugler准教授です。彼らの論文によれば、配偶者からの批判にさらされている高齢者は、健康状態も悪く、早期死亡の可能性の高いそうです。

批判にさらされればストレスが高くなり、その解消としてお酒やたばこを選ぶ人も増えるからといった分析もあるようです。

また、ジョージアグウィネット大学のDavid Ludden教授は、夫婦のどちらかが相手を批判すれば、それに批判で応えることが多いため夫婦の関係は悪循環に陥りやすいと指摘しています。

こうした悪循環をさげるためには、配偶者に批判的な意見を1つ述べるときは、少なくとも5つは肯定的な話をすべきだと語っています。確かに一緒に暮らしていれば、どうしても改めてもらいたい点も出てくるでしょう。それをただ指摘するのではなく、少なくても5つ褒めてから話し合うといった努力が、互いに必要だというのです。

健康で長生きしたいなら、そんな習慣を夫婦で身につける必要がありそうです。

男性の死別・離婚者の死亡リスク上昇が日本の特徴

ここまで海外の研究成果を見てきましたが、肝心の日本の状況については、どうでしょうか? 

池田愛 順天堂大学 特任准教授の「婚姻状況と死亡リスクとの関連」は、文部科学省が助成した10年間の追跡調査を分析し、

「独身者は男女ともに死亡率が高いこと、また、死別・離婚者では男性のみ死亡率が高いことが認められました」

と結論づけています。
さらに次のようにも書いています。

独身男性は、既婚男性と比べて循環器疾患では3.1倍、呼吸器疾患で2.4倍、外因死で2.2倍、全死亡で1.5倍の死亡リスク上昇が認められました。独身女性では、既婚女性と比べて、全死亡で1.5倍の死亡リスクが認められました。

つまり独身者の死亡リスクは男女とも変わらないのです。しかし既婚男性が死別・離別すると、既婚男性より死亡リスクが上昇するのです。一方で女性が離婚・離別しても死亡リスクはあまり変わりません。

このような男女差について、池田特任准教授は、次のように分析しています。

女性では地域社会におけるつながりが比較的強く、独居による社会的つながりの希薄化の影響を受けにくい可能性が考えられます。

この論文では男女ともに死亡リスクが高い独身者と社会的つながりの関係性については言及していませんが、孤独が死亡リスクを高めることはよく知られています。冒頭に示したOfra Anson教授と同様、やはり社会的繋がりが、健康にとっても大切なようです。

2035年には女性の有配偶率が初めて50%を切るとの推計もあります。独身者は増える傾向にあるようですが、健康のためにも孤独にならない人間関係を築いていくことも重要になってくるのかもしれません。

孤独にならないためにコミュニケーション能力を高めたい人は、こちらもご覧ください。

参考:「結婚によって人はもっと健康になれるか?」(Nezih GUNER/経済産業研究所)/「Nagging Your Spouse to Death」(David Ludden Ph.D./Psychology Today)/「婚姻状況と死亡リスクとの関連」(池田愛)

関連記事

「コロナ離婚」につながりかねない夫婦の心理とは?... 「コロナ離婚」という言葉を耳にすることが多くなりました。自宅で顔を合わせる時間が多いだけに、いさかいも多くなり離婚に……。では、こうした離婚のバックグラウンドには、どんな心理があるのでしょうか?その秘密を探ってみました。 東日本大震災の時の離婚率は?熟年夫婦ほど相手のことを知らない相...
離婚に直結する5つのサインって? パートナーとケンカすることは、誰にでもあることでしょう。ただ、それが離婚にまで発展するかどうかは、当事者でもなかなかわからないのではないでしょうか。だからこそ知ってほしいのが、離婚に繋がるケンカのパターンです。 熟年離婚の件数は高止まり離婚の危機を9割当てる心理学者①繰り返し批判する...
熟年離婚に陥らないためにできること3つ!心理学が教える離婚危機の逃れ方... 結婚して数十年、自分たち夫婦はうまくいっていると思っていたのに、突然相手から離婚を切り出される……そんな熟年離婚は、できるだけ回避したいですよね。熟年離婚に陥らないためにできることを、心理実験や学説から解説します。 その1:単身赴任者はとくに実践を!パートナーに自分と小動物の写真を送...
妻のストレス原因のトップは夫!離婚を切り出されないためのたった1つのメソッドを紹介... 12月3日は「妻の日」。夫が思っている以上に妻がストレスを抱えているようです。その実態と対策について、筆者の実体験を交えながら書いていきたいと思います。 約68%がイライラの原因が夫と回答 妻はパートナーがいないのを喜ぶ!? 夫がいると面倒くさい 離婚の“種”は会話に隠れている...
及川光博・檀れいが明言した離婚理由を心理学からまじめに考えてみた... 理想の夫婦としてメディアに取り上げられることも少なくなかった及川光博・檀れいの離婚。メディアが送ったコメントに書かれた離婚理由を心理学の視点から解説します。 離婚の原因は「ゆとり」 ライフイベントを客観的に見れる余裕 パートナーのことを考えられなかった!? 完璧主...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です