人だけでなく組織も成長させるマインドセットの秘密って?

「マインドセット」という言葉を知っていますか?考え方のクセのことです。そしてマインドセットには成長を促すタイプがあり、それは個人だけではなく組織にも当てはまることがわかっています。今日は組織のマインドセットについて説明します。

  • 無理だと考えるから成長しない
  • マインドセット別の組織の特徴は?
  • 組織にとって必要な行動とは

無理だと考えるから成長しない

マインドセットは、思い込みや信念などから構成される考え方の指針です。ほとんどの人は無意識にマインドセットを行っているため、そのマインドセットに従って自動的にゴールを設定しています。

今では当たり前になった日本のプロ野球から米国大リーグへの挑戦も、1995年に野茂英雄選手が挑戦するまで、ほとんど実現していませんでした。この成功をきっかけに多くの選手が米国大リーグへの移籍が可能だとわかり、続々と日本人メジャーリーガーが誕生したのです。つまり野茂選手の挑戦が、多くの日本人のマインドセットを書き換えたというわけです。

最初から無理だとあきらめていれば、「成功」もその範囲に収まるのは当然でしょう。

さて、スタンフォード大学のキャロル・S・ドゥエック教授によれば、「マインドセット」には2種類あるそうです。

「成長マインドセット」……人間の基本的資質は努力次第で伸ばすことができるという信念

「硬直マインドセット」……自分の能力は固定的で変わらないという信念

この2つのマインドセットが結果を大きく左右することは、野茂選手の以降の日本人メジャーリーガーの活躍を考えればわかりますね。


個人のマインドセットについて知りたい方は、こちらをご覧ください。

部下のモチベーションを上げる「マインドセット」5つのポイント
ビジネスを成功に導くマインドセット5つのステップ


マインドセット別の組織の特徴は?

多くのマインドセットの説明は、個人の成長を考えたものです。しかしドゥエック教授は組織風土もマインドセットを持てると解説しています。

大体のところを言えば、社員のマインドセットは、企業マインドセットに実際に合致しています。また、それぞれのマインドセットには、それに見合った一連の特徴があることもわかりました。(「『しなやかマインドセット』から組織がメリットを得るのは」/『ハーバード・ビジネス・レビュー』編(DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2015年3/01号)

それでは、マインドセットごとの組織の特徴を並べてみましょう。

「成長マインドセット」
・上司は部下を肯定的に見ている
・会社はイノベーションを生み出していると感じる
・会社はリスクを取ることをサポートしてくれる
・会社は自分の一部であり責任があると考える
・同僚は信用できる人間だ
・革新的でチームワークを重んじる
・学習意欲や成長への要求がある
・部下に管理能力があると感じる

「硬直マインドセット」
・一握りの花形社員が高く評価されていると感じる
・心配に対する不安がある
・革新的なプロジェクトは求めない
・安易な方法を模索する
・出席競争の騙し合いをしている

このように注期の特徴を並べれば、社員にとってどちらが幸福な組織かは言うまでもないでしょう。しかしどちらが収益を上げるのかについては、不明な部分もあるようです。

ただ長期的に見れば、企業の成長は「成長マインドセット」を持っている方が期待できそうです。

組織にとって必要な行動とは

では、組織として「成長マインドセット」を定着させるには、どのような行動が必要なのでしょうか?

ドゥエック教授は経営者自らが、社員の潜在的な能力を最大限に引き出すことに重点を置くべきだと解説しています。

例えば、過去の実績だけに注目することなく、学習意欲や他者との協働できる人材を採用・活用していくといった人事方針を決定することは、「成長マインドセット」につながるそうです。

ただ読者の方が経営方針を決定する立場にないのであれば、部下を肯定的に評価し、学習意欲やイノベーションへのマインドを推奨していくことが、「成長マインドセット」の醸成に重要だそうです。

個人も組織も考え方を変えることができれば成長できるのですから、積極的に活用していきたいですね。

組織の支援に活用できる産業組織心理学などの専門知識に興味のある方は、こちらもご覧ください。

参考:「『しなやかマインドセット』から組織がメリットを得るのは」/『ハーバード・ビジネス・レビュー』編(DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2015年3/01号)

関連記事

最近、雑談してますか?新型コロナでやりにくくなるコミュニケーションとは... 雑談の効力を知っていますか?仕事の効率を下げるようにしか見えない雑談ですが、ビジネスでは大きな力を発揮することがわかっています。その効力とテレワークの関係について説明しましょう。 組織を強化し、評価を上げる雑談の効果を高める3つの方法新型コロナ禍でどうやって雑談?「なんか会社に活気が...
営業の成績発表や成果主義は企業に悪影響!?... 個々人が競争している集団と、みんなが協力している集団では、どちらの方が成果を出せるのでしょうか?テレワークによって成果主義が加速するという報道もあり、競争と協同の集団の違いについて調べてみました。 競争すると課題達成の責任感が低くなるフィードバックが行動を変える育成には「ランキング」...
賃金を上げれば会社は儲かる! 「売り上げが上がったらボーナスも上がるぞ!」と、社員のやる気を引き出そうとするのは、よくある手法です。しかし先に「ニンジン」をあげたほうが、きちんと走ってくれるみたいですよ。研究者や経営者が指摘しています。 時給を1ドル引き上げるたびに、売り上げが28ドル増加!コストコの高時給は日本...
増え続ける「いじめ」を止めるためにできることって?... 大人・子ども関係なく、さまざまな集団でいじめが発生しています。そのようないじめの中には、世界的に見ても珍しい傾向のいじめがあったりします。日本社会に広がるいじめのメカニズムと対策についてまとめてみました。 増え続ける日本のいじめいじめの原因は「愛情ホルモン」日本だけが持ついじめの傾向...
大相撲・中川部屋を閉鎖させた弟子への暴力はなぜ起きた?... 大相撲の中川親方が3人の弟子に暴力をふるったとして、中川部屋が閉鎖されました。相撲界で繰り返される暴力を伴う不祥事はどうして起きるのでしょうか?その原因を心理学的に解説します。 暴力沙汰が問題になり続ける相撲界暴力指導の奥にある2つの思想暴力的な指導は次世代に受け継がれるスポーツ界の...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です