新型コロナだけではなく、心にも効く「手洗い」の心理効果

新型コロナウイルス対策で、「手洗い」は専門家からも強く推奨されています。ところで手洗いは、心理的にはどんな効果があるのでしょうか?「手洗い」の心理効果について調べてみました。

  • 自分が持ち帰るCDの評価は高くしたい!?
  • 手洗いでバイアスが消える

自分が持ち帰るCDの評価は高くしたい!?

感染症の専門家がインタビューで、新型コロナウイルス対策としては手指消毒を徹底するようにと話していました。医師であるその専門家は、1日20~30回もアルコールで消毒しているそうです。何かを触ったら消毒するという習慣が身に付けば、より安全に生活できるそうです。

ついつい忘れてしまう手洗いや消毒ですが、こうした行動は心理的などんな効果があるのでしょうか?

米国ミシガン州のリーとシュバルツ両氏が、2010年に『サイエンス』に掲載した論文は、手洗いの心理的効果を明らかにしています。

実験では、まず30枚のCDから上位10枚をランキングしてもらいます。その後、実験参加者が5・6位にランク付けしたCDのいずれかを持ち帰ることができると発表します。つまり、ここで持って帰るCDが決まるのです。

その後、改めて先ほどの10枚のCDを再評価します。すると自分が持って帰るCDのランクを高く付け直す傾向が確認されるのです。これは自分が手にするCDの評価が低いと不愉快に感じるという気持ちが根幹にあります。つまり所有するなら自分で納得したものにしたいという心理が、ランキングの変動を生んだそうです。

実際に再評価した人は、はじめのランクより2~3位くらい高いレベルにランク付けしたそうです。

手洗いでバイアスが消える

さて、ここからが手洗いの効果です。

上記の実験は過去にも成果が出ているものですが、この評価と再評価の間に手洗いを入れたのです。結果、再評価のときにランク付けの変動がほとんど起こりませんでした。

どうやら持ち帰れるCDを高く評価したいといった気持ちからの自由を、石鹸で手を洗ったことで手に入れたようです。

そもそも、この再評価でのランキング変動は、認知バイアスと呼ばれる考え方の偏りよって生まれるものです。本来のランキングを変えた認知バイアスが、手洗いによって消えたということは、余計な「偏り」が消えたともいえそうです。

「手洗い」に関するこちらの記事もおすすめです。


ぜひ仕事に使いたい手を洗う効果って?


ストレス発散の一つとして手洗いやお風呂などが入るケースがあります。バイアスが消えるだけではなく、ストレス解消にもつながることは、手洗いを習慣化する上ではプラスの情報でしょう。

まだまだ新型コロナウイルスへの対策は続きますが、そうした行動のプラス面にも意識を配って続けていきたいものです。

心の動きについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

参考:『脳がシビれる心理学』(妹尾武治/実業之日本社)

関連記事

マスクをしているときの心理的効果とマスクに隠れがちなしぐさ... 最近、暑いと感じる日が増えてきました。そんなときマスクを付ける息苦しさを改めて感じるのではないでしょうか。そこでマスクをしているときの心理的効果と、マスクで隠れてしまいがちなしぐさについて調べてみました。 暑くても着けたくなるマスクの心理的効果マスクで見過ごしがちな4つの表情としぐさ...
感染をかなり防げると話題の「顔を触らない」を成功させる方法って?... 手洗い、マスク、うがいなどをしている人は多いと思いますが、WHOが推奨する「顔を触らない」という予防法を実践できている人は、どれぐらいいるでしょうか? 感染予防効果は高いと言わるものの、実施が難しい顔からの感染対策についてお伝えします。 無意識に1時間23回も触ってしまう顔への接触が...
アイ・コンタクトでコミュニケーション・スキルをアップ!... 会議などでよく資料だけに目を落としたまま話している人がいます。でも、アイ・コンタクト(視線の一致)をしない発言は、きちんと聴いてもらえないかもしれません。コミュニケーション・スキルとして重要なアイ・コンタクトについて説明しましょう。 アイ・コンタクト4つの意味好感度を高めるならアイ・...
今日からぐっすり! 心のモヤモヤを吹き飛ばす快眠メソッド... なんだか眠くてだるいし、気分もスッキリしないと思っていませんか? その原因は睡眠かもしれません。朝スッキリ目覚め、昼間元気に過ごすための快眠メソッドを紹介します。 試したい6つのメソッド病気予防にも大事な睡眠 試したい6つのメソッド 寝不足と心のモヤモヤの関連性は、科学的...
時間を忘れるほど仕事に集中できる!?「フロー」5つのポイントとは... 仕事をしていたら、いつの間にか時間がたっていたことがありませんか?心理学では、時間を忘れてのめり込む状態を「フローに入る」などと言います。「ゾーンに入る」と同じような使い方です。フローで仕事をこなせれば楽しいうえに集中力も高まります。そこでフローに入るためのポイントを整理してみました。 ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です