どんなに嫌な上司でも、好きになってしまう極意とは?

うわぁ、あの人なんか苦手……ビジネス上でそんな上司や取引先の担当者がいたら、会社に行くのも嫌になってしまいますよね。でも、人が相手に苦手意識を持ってしまうのには、きちんと理由がありました!

  1. 好きな人と嫌いな人の違い
  2. 人が好意を抱くとき、一番重要なポイントは?
  3. 嫌いな人を自分から好きになってしまう方法
  4. 上司だけでなく取引先担当者の心をも掴む極意

好きな人と嫌いな人の違い

同僚でも上司でも、親しい友人でも、あなたの周りにいてあなたが好意を持っている人を思い浮かべてみて下さい。

その人たちは、あなたと同じような態度を取ったり、同じような価値観を持っていたりしませんか?

最近では、フェイスブック、ツイッターやインスタグラムなどのSNSの流行で、知り合いではないけれどたまたま自分が好きなものが共通している相手に好意を抱き、フォローしたりコメントしたりすることも当たり前になっています。

バックグラウンドも何も知らなくても、好きなものが共通している相手のことは警戒心もなく好きになれるのです。

でもその反対に、会社に大嫌いと思っている上司がいたら……。

SNSのようにブロックしたい!と思ってもできないのが現実。

あなたから見たその上司は、あなたとは全く違う価値観で、言われることも全然納得できないし、そもそも何を考えているのか全く分からないと思っていませんか?

では、どうすれば嫌いな人のことを好きになれるのでしょうか?

人が好意を抱くとき、一番重要なポイントは?

人が好意を抱くのは、似ているところが多いこと?それとも似ているところと似ていないところの比率?

バーンとネルソンの対人好意の強化説の実験では、この類似性の量と比率の関係について調査されました。

168人の被験者は、限られた情報から対人知覚の正確性を調べる実験を行うと聞かされます。

人種間共学、SF小説、社会福祉法など各個人の態度についての事前調査の結果をもとに態度調査表を渡され、それを元にその人への好意度と一緒に仕事をすることの受容度などを評価したのです。

しかし、各被験者に手渡された態度調査表は類似態度を4・8・16項目の3ケース、類似率を100%、67%、50%、33%の4ケースの12条件を調べるために実験用に作られた偽のものでした。

すると、自分に類似率が高いほどその人に魅力を感じることが証明される結果が出たのです。

ただし、問題はここから。

似ているところが多いほど好意を持つのですが、一致していないものがあると、その魅力も半減してしまうということ。

人への好意は、相手と自分の態度の類似する数ではなく、どれくらいの【割合】で一致しているかによって決定されていたのです。

嫌いな人を自分から好きになってしまう方法

あなたが今嫌いだなぁと思っている上司には、あなたと違うところばかりが目に付いているはず。

だから、まずは自分とその上司との似ているところを探してみましょう。

そして似ているところが見つかったら、少し「嫌い」が減っているはずです。

それが仮に、この人やだなぁと思っていたところを、自分の中に見つけてもいいのです。大事なのは、似ているところの項目ではなく割合ですからね!

あいつのこういうところが嫌い→でも自分もそういうとこあるな

こんなところから、だんだん似ているところを見つけていきましょう。

「あ、持ち物が一緒だ」という類似を嫌いな人に見つけるのは少々ハードルが高いので、会社員なら「あ、スーツの色一緒だな」とか「髪の毛の色は黒で一緒だな」とか。

あえて、嫌いな人限定でなくほとんどの人に共通するところから、自分と嫌いなあの人の似たところ探しをしてみるのです。

それから、少し似ているところが意外とあるなと思ったら、あとは簡単。

好きな食べ物や飲み物、趣味などでも同じところを見つけるだけ。

そして実は同じ出身地だった! 同じ大学だった! なんてことまで知ることができれば、それまで嫌だなと思っていた自分が恥ずかしくなるくらい、その上司のことを快く思っているはずです。

上司だけでなく取引先担当者の心をも掴む極意

これは、社内だけでなく取引先との交渉においても活用することができます。

方法は簡単、とにかく相手のことをHPやSNSでしっかり下調べしてから会いに行くだけ。

人は類似性が高ければ高いほど、その相手に好意を持つということが判明しているので、自分を相手と共通項が多いようにアピールすればいいのです。そして意見などが大きく食い違わないように注意するのです。

相手が好きな手土産を用意するのももちろんいいですが、それでは差別化を図れません。

そこで、相手が好きなブランドの服を着て行く、あそこの店おいしいですよね、など自分から話題を振る。

少しあざとい気もしますが、そうやって相手を調べることで自分がその相手に興味を持ち、共通項を見つけることができれば心から相手のことを好きになって仕事ができる可能性も高まります。

それだけでも、会社に行くのが楽しくなりますよね。

ぜひ、似ているところ探しで社内でのストレスを減らし、ビジネス交渉も成功させてみてくださいね!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です