やる気を引き出す4つのステップ!

どうしてもやる気が出ない。そんな日は誰でもあるもの。でも、待っていてもやる気が出てくることはないそうで?!そこでやる気を引き出す方法について調べてみました。

  • 「やる気」なんて存在しない
  • できるだけタスクを細かくわける
  • 報酬を設定する
  • やることをイメージする
  • 「イエスセット」を自分に仕掛ける

「やる気」なんて存在しない

やる気が出ないときに最もやってはいけない対処法を知っていますか? それは、やる気が出るのを待っていること。

脳研究者の池谷裕二・東京大学教授は、「やる気」自体が存在しないものだ、とインタビューで断言しています。というのも、そもそも人間は行動を起こすことで、やる気が出てくる生き物だからなのだそう。

行動を起こすことで脳細胞が活性化する「作業興奮」という状態は、かなり以前から知られていました。そのためやる気が出ないときは、「作業興奮」を利用するようにといったアドバイスが巷に溢れていたのです。

しかし脳研究者から見ると「作業興奮」からやる気が引き出されるのが普通であり、行動を起こさないと何も始まらないのです。

つまりやる気を引き出すには、行動を起こせるようにする必要があるのです。


やる気に関するこちらの記事もおすすめです。

◆「続かない」人が挫折しそうになったときに試したい3つのステップ
◆ズボラな自分にならない生活習慣のコツ
◆元気を取り戻すための4つのステップって?


①できるだけタスクを細かくわける

とにかく行動を起こすことが重要なので、最初の一歩をなるべく簡単にしましょう。コンピュータのスイッチを入れるといったレベルのものでも構いません。ただ、できれば「作業興奮」が発生する5~10分の作業は取り掛かりやすいものにしておきましょう。

②報酬を設定する

すぐに行動したことへの報酬には、遠い未来のものと近未来のものがあります。そのどちらも設定しましょう。

例えば作業が終わったら、すぐにお菓子を食べるといった近未来の報酬を設定し、その上でその日の作業が、将来的にどんなメリットを生み出すのかを考えてみます。ボーナスがアップすることもあるでしょうし、大事な家族が喜んでくれるといったこともあるでしょう。

とにかくしっかりと遠い未来の報酬を意識することが重要です。

③やることをイメージする

行動を起こす前に、しっかりとイメージしておく方法もあります。細かく分けたタスクを次々に実行していき、近未来の報酬を得て、遠い未来の報酬もゲットしていく自分の姿を思い描きます。

イメージトレーニングすることによって、脳の準備はどんどん整っていきます。この段階までくれば、やる気が起きないと嘆いていたときとは心理状態も違っています。

④「イエスセット」を自分に仕掛ける

行動しないとやる気が出ないのが事実だとしても、日によって行動を起こすハードルの高さが変化している実感はあるもの。そのハードルを少しでも下げるためにお勧めしたいのが、「イエスセット」です。

「イエスセット」は、精神科医のミルトンエリクソンが考案したもので、営業トークなどでも活用されているものです。
その法則は簡単で、質問を工夫して何度も同意を得られれば、相手は断りにくくなるというもの。これを自分に仕掛ければ、どんどん行動を起こしやすくなります。コツは絶対に「イエス」と答えられる質問をすること。

「いま、呼吸している?」「歯は磨いた?」「もうメールはチェックした?」などなど。心の中で3回ほど元気に「イエス」と答えたら、次に手を付けたい課題についてたずねてみましょう。かなりハードルが下がっているのを実感できるはずです。

今日はどうしてもやる気が出ないときの4つのステップを紹介しました。今日はさっぱりやる気が出ないという日に試してみてください。もちろん、疲れてやる気が出ないときは、思い切って休んでみるのも方法の一つです。

◆やる気を引き出す心理学の活用法に興味のある方は、こちらもご覧ください。

監修:日本産業カウンセラー協会

参考:『マンガでわかる! 気分よく・スイスイ・いい方向へ 「自分を動かす」技術』(ゆうきゅう/三笠書房)/

関連記事

イヤなことを積極的に実行できるテクニック3選... 大人になると、イヤなことをしなければならない機会も出てくるものです。ただ我慢を重ねればいいというものではありません。そこでなるべく楽しく積極的に、イヤなことを実行できるような方法を調べました! ①楽しく実行する自分を思い描く ②楽しそうに実行している人を意識する ③少額...
元気がない人に贈るモチベーションアップ4つのヒント... どうもエネルギーが足りないというときは、誰にでもあるもの。ただ、そこからどうやって抜け出すのかは、意外にわからないものです。そこで元気がでない状態にヒントになる方法を探してみました。 ①トラブルを解決した後の目的地を考える②意識を他人にシフトする③願望を定義する④人生のリストをつくる...
成果は出るのに不幸になる「強迫的情熱」を知っていますか?... 情熱に2つの種類があるのを知っていますか? 情熱さえあれば、状況は好転できると考えているなら考え直した方がいいのかもしれません。状況も好転しない、自分をも幸福にしない情熱について考えてみました。 仕事だと見過ごされる危ない情熱成果は出るけれど笑顔が消えて、違法行為も…… 仕事だ...
「やる気が続かない」ときに活用したい感情の力... やる気はどうして続かないのでしょうか?多くの人は意志が弱いからだと考えています。しかし重要なのは感情を使い方ではないかという研究が進んでいます。紹介しましょう。 意志力の限界感謝日記をつけてみる小さな成功を祝う 意志力の限界 やる気を継続して、努力し続けることの重要性は改...
元気を取り戻すための4つのステップって?... 落ち込んでいるとき出口が見つからないと思うことはありませんか?何をするのも面倒だし、すべきことははかどらない。何だか人と話すのも面倒だったり。そんな人にお勧めしたい元気になるための4つステップを紹介します。 落ち込んでいる人の目標の特徴って? 英国リヴァプール大学のジョアン・デ...

働く人の心ラボは、働く人なら知っておきたい『心の仕組み』を解説するサイト。
すぐに応用できる心理学の知識が満載の記事を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です