家族・新着記事

  • 性格は遺伝と育ち、どちらで決まる?

    人の性格を決めるのは、「氏か育ちか」という論争に決着が付いているわけではありません。ただ、どちらがどれだけ影響するのかはわかってきています。説明していきましょう! 性格の約半分は遺伝子で決まる 家庭や親は性格に影響を与えない? 育児が遺伝子の働きを変える 性格の約半分は遺伝子で決まる 慶応義塾大学の安藤寿康教授は、双子研究の権威として有名な心理学者です。安藤 Read more »

  • 「キラキラネーム」は心理学的にもマイナスの影響がある!?

    独特過ぎて漢字から読めなかったりする「キラキラネーム」の改名が話題になっています。そこで「キラキラネーム」と、その人の印象について心理学的に説明していきます。 高校生が自分の「キラキラネーム」を改名 いわゆる「キラキラネーム」と呼ばれる個性的な名前の改名を、家裁に申し立てた高校3年生が話題となりました。親から付けられた名前は「王子様」でしたが、「高校に入って Read more »

  • 虐待をしている親はどんな気持ちなの?

    虐待の報道が相次いでいます。こうした報道では、親がどれだけひどいことをしたのかが繰り返し報じられています。でもこうした親たちは、愛情のかけらもない言わば〝鬼〟のような存在だったのでしょうか?心理学の視点からから考えます。 心理学が心の状態に迫る もがきながら暴力をふるう 一瞬で壊れた気持ち 子育ては簡単ではない 心理学が心の状態に迫る 千葉県野田市で起こった Read more »

組織・新着記事

  • マイナスの報告が上がってこない! そんな組織の改革を進める一言とは

    仕事をしていると、部下から成功した話しか聞かされないな、と思うことはありませんか?だからこそ報告のないときは、悪い想像しか働かないという悪循環にも……。そんな人にこそ知ってほしいのが、MUM効果です。 悪い話は誰も伝えたがらない 報告がなければ悲観的な予測ばかり 報告が受ける側が口にすべき言葉 クレーム対応はスピードが命のワケ 悪い話は誰も伝えたがらない プ Read more »

  • 仕事のパフォーマンスをあげたいなら「孤独」から抜け出すたった1つの言葉を唱えろ!!

    秋の夜長、何となく孤独だなと感じることはありませんか? 会社でも孤独だなと感じたら、ものすごくパフォーマンスが落ちているかもしれませんよ!孤独とビジネスの関係を説明しましょう。 寂しくて死ぬのはウサギではなくヒト 一緒に仕事をしていると思うだけで48%もパフォーマンス増 「一緒に」と言え! 寂しくて死ぬのはウサギではなくヒト 「ウサギは寂しいと死んじゃう」と Read more »

  • 中間選挙でも注目 「陰謀論」を信じるトランプ支持者には共通の特徴が!?

    米国での中間選挙が近づくにつれて、メディアで騒がれるようになってきた「Qアノン」。トランプ政権を支持し、ネットの匿名掲示板で「秘密の事実」を暴露するQを信奉するグループは、どういった人々なのかを、心理学的な視点から解説していきましょう。 飛行機事故で亡くなったケネディ大統領の長男は生きている!? 陰謀論を信じる人達に共通の気質 火星人が攻めてきたとパニックが Read more »

ビジネス心理・新着記事

  • 組織の問題として注目されている「同調圧力」を下げる第一歩とは

    何となく周りの顔色を見て多数派に賛成したりすることありませんか? 強い同調圧力に、波風立てたくないからと賛成すること自体、企業では珍しくないかも。ただ、その「伝統」が続くかは少し微妙かも。 7人のうち6人が同じ答えだと逆らえない世界が同調圧力に厳しい視線 勤労意欲も生産性も低下 本当の自分を取り戻させる 7人のうち6人が同じ答えだと逆らえない 「出る杭は打た Read more »

  • 「自分の性格を変えたい、でも……」と思っている人に

    落ち込んだときに、「自分の性格が変われば、でも……」とか思ったことはありませんか? 怒りっぽい、飽きっぽい、嫌味っぽい。そんな困った性格は、本当に変えることができないのか調べてみました。 自分は変わらないという幻想他人の性格を判断する基準って?変化を信じることから始まる 自分は変わらないという幻想 多くの人は自分の性格は変えられないと思っています。実際、「ア Read more »

  • 好きな色がわかれば性格もわかる 赤ばかり着ていたときの自分は愛に飢えていたかも!?

    色の好みと性格には関連性があると言われています。つまり色の好みが変わったときは、気持ちに変化があったのかもしれません。そんな色と性格についてまとめてみました。 幸福だったとき身に着けていた色は? 好きだった色で性格を判断しよう 幸福だったとき身に着けていた色は? 昔の自分の写真を見返した時、「そういえば、よく赤色の服を着てたな」とか思い出すことはありませんか Read more »

コミュニケーション・新着記事

  • クジャクから学ぶ恋愛テクニック ムダに投資したらモテる?

    どうしてクジャクは、あんな見事な羽を持っているのでしょうか? 求愛のときには有効かもしれませんが、外敵に襲われたときには邪魔になる可能性も。じつは、その邪魔こそがメスへのアピールになるのです。 邪魔な羽だからこそモテるタトゥーが健康アピールだった!?実用的ではないモテグッズに注目 邪魔な羽だからこそモテる クジャクの美しい羽は求愛に大きな力を発揮しますが、じ Read more »

  • 異性が魅力的にみえるシチュエーションを 心理学実験が明らかにしました

    異性と仲良くなりたい。そんな想いに駆られたことはありませんか? では、実際にはどんな行動をしたらいいのでしょうか?プレゼントをあげる、食事に誘う。どちらも悪くないでしょう。でも心理学がお勧めするのはアルコールです。 異性の顔の魅力が大幅アップ もしかしたら、もっと嫌いになる? 人が魅力を感じる4つのポイントとは? 異性の顔の魅力が大幅アップ 近年、お酒を飲ま Read more »

  • 席の座り方で気持ちがわかる!会議に使えるヒント集

    紛糾しそうな会議ってありますよね。ライバル同士がいがみ合っている会議などは、話が進まないのに雰囲気は最悪に。そんなときに役立てたい心理のヒントをお伝えしましょう。 いがみ合っている当事者の席はどうする? ヒートアップしないための発言の順番とは 関係性を強めたいときの席順とは? 窓の効果を見落としていませんか? いがみ合っている当事者の席はどうする? 会議で熱 Read more »

仕事術・新着記事

  • 飼い主なら絶対に知りたい ネコの性格診断ができる5つ性格因子とは

    オーストラリアの動物学者のおかげで、ネコの性格診断ができるようになりました! ツンデレなのか、女王様なのか、甘えん坊なのか、あなたの好きなネコのタイプを考えるヒントになりそうですね。 2800匹のネコから検証 5つの因子の性格特性人間との相性診断も考えてみました! 2800匹のネコから検証 ネコごとにかなり性格が違うことは、ネコ好きならよく知っています。家族 Read more »

  • 助けて~! なぜか片付けられない人におすすめする、たった一つの心理学

    仕事はキリっとやれているのに、家へ帰ると部屋の中は荒れ放題……とても他人に見せられる状態じゃないと悩んでいる人はいませんか。じつは、たった一つの心理学を利用するだけで、きっと部屋がだんだん片付いていきますよ。 「夜寝る前にやろう」は厳禁って知ってた?午前中は善人?「朝の倫理効果」実験 すがすがしい朝、疲れがなく時間が限定されているうちに片づけを ゴミの日の朝 Read more »

  • 心理学で生活をライフハックvol.2 習慣化失敗の反省と習慣化できなくても、ちょっと心が潤うこと

    前回は「if-thenプランニング」を紹介しました。1週間ほど試した成果を書いたので、その続きです。果たして実際に心理学で生活を改善できるのか、その実験模様をお伝えします。 成功率91%の習慣化手法に失敗トライ&エラーも必要心地よい時間を味わう 成功率91%の習慣化手法に失敗 冒頭から何ですが、自分は世界でも有数の怠け者かもしれません。というのも被験者の91 Read more »

法律・新着記事

  • 就職活動まっただ中こそ知りたい内定取り消しの事例って?

    人手不足が話題になることも多く、内定者数の不足に企業が頭を悩ましている状況が続いていますが、じつは内定取り消しをする企業もあります。過去のちょっと不思議な内定取り消しの事例を調べてみました。 「清廉性」で内定を取り消せる?取り消しには明確な理由が必要「陰気な人だから」という取り消しは無効 「清廉性」で内定を取り消せる? 今春、大学や高校を卒業した人のデータは Read more »

  • 入社前のうつ病治療は労災認定に不利に働く?

    2014年9月、東京地裁は就職前にうつ病を発症した経験のある女性の自殺について、労災を認めなかった八王子労働基準監督署の処分を取り消し労災と認定しました。 入社前の治療履歴が争点に精神疾患の労災認定で重要な「特別な出来事」弁護士は「画期的な判決」と評価増え続ける精神障害の労災請求件数 入社前の治療履歴が争点に この女性は大学卒業後の2005年、外食チェーン店 Read more »

  • 海外勤務の労災は認められるの?

    2016年4月末、東京高裁で注目すべき判決が下されました。海外の現地法人で働く従業員の過労死が、労災に認定されました。労災認定のルールとともにお伝えします。 海外出張と海外派遣って?本社の指揮命令の下に働いていた納得できる判決 海外出張と海外派遣って? この判決のどこが画期的かを知るには、やや不可思議な海外における労災認定のルールを紐解く必要があります。 そ Read more »