家族・新着記事

  • 暴力的シーンがある番組は、本当に子どもの暴力を助長する?行為そのものより大事なこと

    暴力的なシーンがある番組は、本当に子どもの暴力を助長するのでしょうか。実は、心理実験でそれを確かめた人がいます。興味深い実験をひもといていくと、暴力行為そのものよりも大事なことが見えてきました。 バンデューラのポポ人形実験暴力行為の後は、きちんと叱ることが大事バイキンマンは、いるだけで「悪」……? バンデューラのポポ人形実験 ちょっと前に、「アンパンマンはア Read more »

  • 夫婦円満のために「やってはいけない4つのポイント」と「お勧めなケンカ2つのルール」

    夫婦関係が簡単ではないのは、多くの人が知っていることかもしれません。一緒に生活していれば、お互いどうしても気にくわないこともあるでしょう。だからこそ夫婦円満の秘密を知りたい人は多いのではないでしょうか。そこで心理学的な観点から効果のある夫婦円満の秘訣を紹介します。 結婚生活を破綻させる4つのポイント「夫婦ゲンカ」でストレス発散「良いケンカ」をするための2つの Read more »

  • 肌に触れることは夫婦間でもビジネスでも重要!?

    肌に触れることの大切さを知っていますか?タッチングは幸福感を生み出すだけではなく、励ましや親しくなるきっかけにもなります。タッチングの効果を活用方法とともに紹介します。 接触で相手の心を推し量る 信頼関係を構築する神経伝達物資の分泌レベルに影響 夫婦が仲良くなれる過ごせるポイントに握手は好感度を上げ、マイナスな気持ちを抑える効果 接触で相手の心を推し量る 親 Read more »

組織・新着記事

  • 部下のモチベーションを高めるポイントは〇〇欲求だった!

    どんな人を部下に雇えばいいのか?面接などで考えてしまう人もいることでしょう。しかし心理学的には1971年に答えが出ています。働く意欲に関する心理学者ハックマンとロウラーの実験を紹介しましょう! 従業員のモチベーションを高める4つのポイント 業績もモチベーションも高い人って「成長欲求」に必要な4つ欲求 従業員のモチベーションを高める4つのポイント 仕事を外注す Read more »

  • ビジネスで不正をさせない方法って?

    ちょっとした不正は、ビジネスの場面でも見ることができるのではないでしょうか。交通費を少しだけ高い経路で精算したり、会社支給のペンを持ち帰ってしまったり。こうした不正を防止する方法について、面白い実験を紹介しましょう。 「十戒」を思い出すと不正をしない 倫理規定にサインするのも効果的 張り紙でトイレットペーパーは戻った道徳的な呼びかけが行動を変える 「十戒」を Read more »

  • 作業する人は多ければいいってもんじゃない?リンゲルマン効果を知って適正人事を

    リンゲルマン効果を知れば、「人に働いてもらうって簡単なことじゃないんだな」と感じるようになります。社会的手抜きともいわれるこの効果を知り、働く環境を整えるとはどういうことかを考えましょう。 リンゲルマン効果とは、集団での共同作業が非効率になる現象のこと「働きアリの法則」にもみられる?社会的手抜きリンゲルマン効果を避けるための方法個人のパフォーマンスを高めるな Read more »

ビジネス心理・新着記事

  • ネガティブ思考から抜け出して頭をクリアにする3つの方法

    「毎日、ろくなことがない」「いつも私ばかりひどいことが起きる」。そんな想いを抱いている人はいませんか? 悲観的な考え方の影響と原因、そして対策について紹介していきます。 Businessman helping colleague to escape from problems 悲観主義者の考え方って?どうして悲観主義になるの?楽観主義が頭をクリアにするポジテ Read more »

  • 自分の選択は本当に信用できますか?

    自分の選択に、どれだけ自信を持っていますか?しっかりとした理由のある好き・嫌いの感情は、ちょっとやそっとでは変えようがないと思っていませんか?そう思っている方に人間の選択理由は当てにならないという実験を紹介しましょう。 選んだ写真がすり替わっても気づかない脳はわかっている!?しっかりと体験するしかない 選んだ写真がすり替わっても気づかない 「どちらがいい?」 Read more »

  • 共感疲労・感情労働に効く10のエクササイズ

    「共感疲労」という言葉を聞いたことがありますか?これはトラウマを抱えた人と継続的に接することで、疲労してしまう症状です。そんな支援者のための対策法を紹介しましょう。ストレスに悩んでいる人にもきっと効果があるはずです。 他者を支援する人に起きる共感疲労感情労働が暴力衝動を引き起こすことも 試してほしい10個の「充電法」 自分をいやすための手法 他者を支援する人 Read more »

コミュニケーション・新着記事

  • 本音を隠した言動に要注意!本当の主張はコレ!3つの実例

    「○○が自分の邪魔をする」と感じたことがありませんか?それはもしかすると、自分の何かを隠すための言い訳かも!?交流分析の創始者エリック・バーンの書籍から、行動の裏にある心理を解説します。 「ゲーム」は本音を隠したやりとり「もしあなたがいなければ」 問題を打ち明ける 自身の欠点をアピールする「ゲーム」の危険性 「ゲーム」は本音を隠したやりとり 「エゴグラム」と Read more »

  • 明日からでもすぐトライしたい!会議を盛り上げる6つのポイント

    会議が意味のない話に終始して、時間のムダだと感じたことはありませんか?そんな会議を効率よく、効果的に進める技法が「ファシリテーション」です。その技術の中から議論を活発にするポイントを紹介しましょう。 時代はファシリテーション能力を求めているファシリテーターとして場を盛り上げるときの6つのポイント 時代はファシリテーション能力を求めている ファシリテーション能 Read more »

  • 部下が自発的に動いてくれるための重要な4つのポイント

    上司にとって部下が自発的に動いてくれるかどうかは、非常に重要な問題でしょう。「指示待ちではない部下がほしい」と思っている方、もしかしたら上司の自分が部下のやる気をそいでいるのかもしれませんよ! 報酬をもらったら活動に興味を失う競争を促して興味を失う自発的なやる気を引き出す4つのポイント 報酬をもらったら活動に興味を失う 人はどうやったら自発的に動くのか。これ Read more »

仕事術・新着記事

  • 忙しすぎる人に贈る「自分の時間を取り戻す」3つの方法

    「なんでこんなに忙しいんだ!」と嘆いている人も多いでしょう。スタッフを増員できないのに仕事が増えて、毎日、時間に追われている人も……。そんな人に送りたい自分の時間を取り戻す3つの方法です。 「気晴らし」が時間を奪っていく 日本人の睡眠時間は減り続けています。2019年のOECD(経済協力開発機構)の調査によれば、日本人の睡眠時間は世界26か国中最下位です。日 Read more »

  • 集中力を上げるためのポイントはアウトプットと納得感だった!

    集中力があればなと思うことはありませんか?ギリギリの時間しかないときは素早く終わる仕事が、時間に余裕があっても何だか終わらなかったりするときもありますね。そこで『東大集中力』(西岡壱誠 著/大和書房)から集中力を発揮できる方法を紹介します。 楽しいと感じるには本格的に取り組むこと実際にやってみることで集中力は高まるアウトプット化するための3つの方法 納得感を Read more »

  • ビジネスにも応用できる、ブッタと弟子の4つのストーリー

    世の中どうにもしょうがないと思うこともあるのではないでしょうか。そんな問題を解決する手段の一つとして、ブッタとその弟子の物語を紹介しましょう。そんなふうに達観できたらと思う反面、何かヒントがつかめるかも! 怒りに怒りをぶつけない無理をし過ぎない行動の未来を考えてみる 「無視」は心を殺す 怒りに怒りをぶつけない これは遊女のシリマーが嫉妬から、ウッタラーという Read more »

法律・新着記事

  • 医師の労働環境は改善されるの?時間外手当の判決から考えてみた

    医師の不足による長時間労働は、問題になり続けています。働き方改革でも検討会が設置されたほどです。しかし、なかなか状況は改善しません。このような状況で、司法がどのような判断を下したのかを紹介します。 時間外手当を1億円と算定ずっと緊急事態に備えているのに労働ではない!?50時間以上の連続勤務も! 時間外手当を1億円と算定 2019年3月、厚生労働省は「医師の働 Read more »

  • そもそも労働者ってなに?ちょっと法律的な解釈を調べてみました!

    労働者かどうかなんて、普通は考えたことがない人がほとんどでしょう。でも、労働組合に入って会社側と交渉するときなどには、大きな意味を持ってきます。ちょっと不思議な「労働者」の定義をお伝えしますね。 労働者じゃないと団体交渉できない労働者の要件は3つプロ野球選手もオペラの合唱団員も「労働者」 労働者じゃないと団体交渉できない 2018年10月に、団体交渉を拒否し Read more »

  • 正社員と非正規社員の格差解消が 正社員の賃金も変えるかも!

    非正規社員と正社員の待遇の違いについて、いくつかの判決が出て、手当の格差については企業も見直しつつあるようです。それは給与の格差を解消していく一歩になるのかもしれません。 差は認めるが不合理だとダメ仕事内容と手当はどうつながるのか正社員の住居手当も廃止 差は認めるが不合理だとダメ 日本郵便の非正規社員が正社員との格差の違法性を訴えた控訴の判決が、2018年1 Read more »